読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むらっちブログ

32歳専業主婦がネットビジネスを勉強し、収益を上げるまでの全記録

商品が売れない理由は○○力が足りないから!

こんにちは、むらっちです。

 

今日はTシャツを買いに久々に中心街へ出かけてきました。

 

ビジネスを始める前までは

オシャレ大好きで毎シーズン10万以上服を買いまくってたのに

ビジネスを学んでから裏側がわかるようになったので

めっきり物欲がなくなって

今では同じTシャツ着すぎて伸びるわ色あせるわで

ちょっとどこかにおでかけ~♪ってときに着れる

キレイなTシャツがなくなってしまったので買いにいきました(笑)

 

で、旦那さんと一緒に出かけたのですが、

途中でトラブルが発生しまして・・・。

 

旦那さんの財布のファスナーがぶっ壊れて

財布が閉まらなくなっちゃったんですよ。。

 

まぁもうボロッボロだったんで

壊れるのは時間の問題でしたが・・・。

 

閉まらないとお札むき出しだしヤバくね?ということになって

せっかく街に出てきたことだし、

これも何かの縁だと思って旦那さんの財布も探すことに。

 

いい機会だから買うかは別にして

ヴィトンとかグッチとかプラダとか

ブランドものの財布見に行くか!!ということで

普段は入らない高級ブランドと言われるお店に何件か行きました。

 

私は元販売員ということと

今はビジネスをしている人間なので

店員さんの接客を無意識に分析してしまう癖があるのですが、

今日廻ってみて感じたのは、

高級ブランドでもなかなか接客の教育ってできないのね、ってこと。

 

あるブランドに入ったとき、

私たちは一目散にメンズの財布を探していたんです。

 

店内をウロウロして「あった!」と見つけてみていたら

「何かお探しのものございましたらおっしゃってくださいね」

と店員さんに話しかけられたので

「この財布の形違いってありませんか?」

と店員さんに尋ねると

 

「あぁ~、ないですね。」

 

・・・で会話が終了。

 

私たちもこれ以上聞くことがないので

「そうなんですね。わかりました。ありがとうございます」

 

で、その場を去る・・・というやりとりを何度か繰り返しました。

 

結局、そのお店で買うことはなくお店を出たのですが

こういう店員さんって結構多いんですよね。

 

聞いたことにしか答えない店員さん。

 

これってめちゃくちゃもったいないって思うんですよ。

 

接客の仕方次第では売り上げに繋がるのに

チャンスを逃しまくってるんですよね。

 

だって私たちお客の行動を見ていたら

「あ、この人お財布探してるんだ」ってわかりますし

お財布探しているということは買う気があるお客さんなんですよ。

購買意欲が高いお客さんなんです。

目的なく、ブラブラとウィンドーショッピングしてる

買う気のないお客さんとは違うわけです。

 

だから自分がお客さんにいいアプローチができたら

買ってくれる可能性がぐっと上がるわけです。

 

なのにこの人が欲しいって言ってる商品ないから

どうせ買わないや、ってセキトーに接客しちゃうのはもったいないし

それはお客さんに伝わっちゃうから

「この人からは買いたくないなー」って思っちゃう。

(現に今回私はそう思いました・・・。)

 

それじゃ売り上げ上がらないよね、って思います。

 

じゃあどうしたらいいのか?っていうと・・・

質問力を上げるべし!

 

とにかくお客さんに質問して

目の前にいるお客さんがどんな人なのか知ることが大事です。

お財布探してるんですか?とか

今日はご夫婦でお買い物ですか?とかでも話はじめはなんもいいんですよ。

 

とにかく質問系で相手に話しかけること。

 

直接購買に繋がらない会話でもいいんです。

大事なのは相手のことを知ること。

 

そして相手が何を求めてるのか?

どんなものが欲しいって思ってるのかを会話の中で聞き出すことです。

 

具体的には

5W1H

・つまり・例えば

 

で掘り下げて問いかけるといいですね。

 

5W1Hは「なぜ・なにを・どこで・誰が・いつ・どうやって」です。

 

 

私たちの場合であれば

・なにが→財布が

・それって(例えば)どんな財布?→ファスナータイプの財布

 

という風にお客が何を求めているのか

質問を掘り下げていくことでわかるようになるんです。

 

そうすると

もしファスナータイプの財布がなかったとしても

「どうしてファスナータイプがいいんですか?」

とお客さんに聞いて

「2つ折りだと落ちそうで怖いんだよねー」っていうお客さんに

「うちの商品なら2つ折りでも中身が落ちないですよー」

という接客ができますよね。

 

それに納得してくれればファスナーでなくても買ってくれる可能性があるわけです。

 

これはお客さんは中身が落ちない財布はファスナータイプしかないって

思い込んでいる可能性もあるからです。

 

例えばダイエットしたいけど運動はしたくないって人が

運動以外のダイエット法は「カロリー制限」しかないと

思い込んでる場合もある。

 

だからそこで「糖質制限っていうダイエット法もあるよ」

って教えてあげれば「え、そうなの!それいいじゃん!」

ってやってくれるかもしれないじゃないですか。

 

でもこうやって提案していくには

まず、相手のことを知っていかなきゃいかんのです。

 

だからまず質問する。

 

お客さんによっては聞いてくれない人もいますし

無視されることだってありますよね。

私も接客業やってるときに無視されて傷ついたこともあったので

辛さはわかります。

 

でも質問しないよりはずっと売れる確率があがります。

 

しかもそれで商品を買って満足してくれたら

あなたのファンになってくれる可能性だってあがります。

 

ファンになれば顧客になってくれるから

さらに売り上げアップ。

 

いいことつづめなわけです。

 

これは対面の接客業だけじゃなくて

ネットビジネスだって恋愛にだって使えるテクニックですよ。

 

せひ試してみてくださいね。